枚方市・寝屋川市・交野市を中心とした不動産情報を掲載。新築一戸建て住宅、リフォーム、仲介、賃貸物件など、家のことなら丸信住宅にご相談ください。

アクセス |  サイトマップ |  サイトポリシー |  個人情報保護方針
  • アパート経営

    土地活用といってまず頭に浮かぶのがアパート経営だと思います。工業専用地域以外であればどこでも建築可能となり、中規模以上である程度形状の整った土地があれば対応可能です。賃貸目的の住共用建物を建てるケースが増え、近年では、アパートを建てる人が増えてきています。

    • アパート経営について

      固定資産税等の評価額がアップし、保有コストが上昇したこと、また相続時に財産評価額がアップしたことなどから、賃貸目的の住共用建物を建てるケースが増え、近年アパートを建てる人が増えてきいる傾向です。またアパートと言っても内装、外装とも非常に品質に対する意識が高まっており、見栄えの良くないアパートは敬遠される傾向にあります。

      事前リサーチの重要性
      アパートを建てる前には、事前リサーチが欠かせません。周囲にどのような人が多く住んでいるのかを調べ、独身者が多いような地域の場合、交通の便が良くない土地はアパートには不向きで、妻帯者が多い地域では交通の便に加え、商業施設や文化施設が近くにないとアパートには向きません。学生街ならば近隣に商店街や娯楽施設などが整っている土地がアパートに好ましいでしょう。

      他物件に対する差別化
      また、近年アパートの供給量が増えてきています。計画地周辺の他物件の入居状況などをよく調査することが重要です。入居者を確保するためには、設備の充実やペット対応など、多物件に対する差別化を図る努力が必要となります。

      事業計画の策定
      アパート経営には、まとまったお金を使って建物を建てる必要があり、家賃収入が予定を下回ると、投じた資金が回収できないことにもなりかねません。また、賃貸開始後に発生するコストもいろいろあります。コストをまかなえる家賃収入が得られるかどうか、また、家賃収入を確実に得るためにはどういった住宅を建てればよいのか、といった部分を事前計画書に落とし込んでイメージをしっかり固めておくのが成功のカギだと思います。

      事前に確認する事項

      ・投入できる自己資金 ・借入金の規模、返済期間の希望 ・デザインや間取りに対する「こだわり」


      立地および需要の分析

      ・利便性はどの程度か(駅からの距離、周辺施設)
      ・法令上の制限をクリアしながら建てられる規模はどの程度か
      ・周辺の賃貸住宅の動向(賃貸住宅の数、空室状況および賃料の相場)企画・設計
      ・ターゲットとする顧客層
      ・ターゲットにふさわしいデザインや設備
      ・予想される建築コストと賃料収入のバランス


      事業計画策定・施工

      ・具体的仕様の確定 ・事業プラン(収支計画、工事日程)の確定


      賃貸開始後の対応課題

      ・建物のメンテナンス ・設備の修繕 ・家賃収納 ・入居者とのトラブル対応 ・空室リスクへの対応、入居者募集


      ここに記載しましたことは、ほんの一例でしかなく、取り巻く環境によりメリット・デメリット共にさまざまな変化が生まれます。
      • まずは、お気軽にお問い合わせください。
      • Tel:072-822-3001