枚方市・寝屋川市・交野市を中心とした不動産情報を掲載。新築一戸建て住宅、リフォーム、仲介、賃貸物件など、家のことなら丸信住宅にご相談ください。

アクセス |  サイトマップ |  サイトポリシー |  個人情報保護方針
  • 太陽光発電+太陽熱利用システムのご提案

    太陽光発電とは環境にも家計にも貢献出来るシステムで、その太陽光太陽光発電システムと太陽熱利用ガス給湯暖房システムを上手く活用すれば地球温暖化の一因と言われるCO2や毎日の光熱費が大幅に削減できる無限の太陽エネルギーを余すことなく活用出来るシステムです。

    • 太陽光発電とは?

      太陽光発電とは環境にも家計にも貢献出来るシステムで、その太陽光太陽光発電システムと太陽熱利用ガス給湯暖房システムを上手く活用すれば地球温暖化の一因と言われるCO2や毎日の光熱費が大幅に削減できる無限の太陽エネルギーを余すことなく活用出来るシステムです。

      太陽光発電の仕組み
      住宅用の太陽光発電システムは、太陽の光エネルギーを受けて太陽電池が発電した直流電力を、パワーコンディショナにより電力会社と同じ交流電力に変換し、家庭内のさまざまな家電製品に電気を供給します。一般の系統連系方式の太陽光発電システムでは電力会社の配電線とつながっているので、発電電力が消費電力を上回った場合は、電力会社へ逆に送電(逆潮流)して電気を買い取ってもらうことができます。反対に、曇りや雨の日など発電した電力では足りない時や夜間などは、従来通り電力会社の電気を使います。


      太陽光発電のメリット
      太陽光発電の主なメリットとしては、次の3つが上げられます。

      ●メリット1:クリーンで枯渇しない
      太陽光発電の最大のメリットは、エネルギー源が無尽蔵で、クリーンである点です。石油を燃焼させて電気を起こす火力発電のように、発電時にCO2(二酸化炭素)や、SOX(硫黄酸化物)、NOX(窒素酸化物)などの大気汚染物質を発生させることがありません。ちなみに、結晶系シリコン太陽電池によるCO2削減効果は、1kWシステム当たり年間で314.5kg。油削減量は、1kWシステム当たり年間で227リットルになります。
      ●メリット2:設置場所を選ばない
      太陽光発電は、導入するシステムの規模に関係なく発電効率が一定です。設置する場所の広さに合わせて自由に規模を決めることができるため、一般家庭から大規模施設まで、それぞれの施設に合ったシステムを設置することができます。騒音や排出物もないので、日射量さえ確保できれば、設置場所を選びません。屋根や屋上などへの設置のほか、近年ではビルの壁に設置するケースも増えています。
      ●メリット3:メンテナンスが簡単
      太陽光発電システムは構造的にシンプルであるため、ほかの発電システムに比べメンテナンスも簡単です。システムの寿命も比較的長く、現在、太陽光発電に用いられる太陽電池の耐用年数は、20年以上とされています。(設置場所などの諸条件によって変わります)

      太陽光発電に関してお客様からよく「余った電気は売却できるのは本当ですか?」というご相談が良くあります。上記でも説明致しましたが、ここで詳しくご説明させて頂きます。

      まず初めに余剰電力とは何か?とお思いになられているお客様の為に。

      余剰電力買取制度とは?


      太陽光発電による電気が、自宅等で使う電気を上回る量の発電をした際、その上回る分の電力を、10年間固定で電力会社に売ることができる制度です。買取りに必要となる費用は、電気の使用量に応じて電気を利用する方全員で負担する「太陽光発電促進付加金」制度にてまかないます。


      太陽光発電で年間消費電力の70~90%をカバーできれば、日中の電気代は十分まかなえます。例えば親子4人の平均的なご家庭の1年の消費電力は約4,482kWh。太陽光発電でこの90%、つまり約4,000kWh発電できる能力が、選定の目安です。
      なっとく再生可能エネルギー